2010年01月28日

郵便不正事件 厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)

 障害者団体向け割引制度を悪用した郵便不正事件で、偽証明書の作成に関与したとして、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)=官房付=の初公判が27日、大阪地裁(横田信之裁判長)であった。村木被告は「私は無罪です。内容虚偽の公文書作成に一切関与していません」として起訴内容を否認し、無罪を主張した。

 起訴状によると、村木被告は厚労省障害保健福祉部企画課長だった04年6月、係長だった上村勉被告(40)に指示し、河野克史被告(69)と石井一・民主党参院議員(75)の元秘書、倉沢邦夫被告(74)=3被告とも同罪などで起訴または公判中=らが設立した「凜(りん)の会」(解散)を障害者団体と認める偽証明書を作成させたとされる。

 検察側によると、同会は実体がなく、違法ダイレクトメールによる広告収入目当てに設立。村木被告は、石井議員から発行の要請を受けた上司の部長(当時)から「議員案件」として便宜を図るよう指示されたとされる。

 その後、上村被告に「先生からお願いされていることだし、決裁なんかいいから、すぐに証明書を作って」と作成を急がせ、上村被告が作成した証明書を受け取り、倉沢被告に手渡したという。

 また、村木被告は04年5月中旬、倉沢被告に頼まれて郵政公社(当時)の幹部に電話し、同会に郵便割引制度の適用を図るよう依頼したとされる。

 村木被告は捜査段階から「全く記憶にない」と一切の関与を否定。上村被告は捜査段階で村木被告の関与を認めたが、村木被告の次回以降の公判に証人出廷し、「指示されていない。証明書は1人で作り、村木被告に渡していない」と村木被告の関与を否定する見通し。今後、石井議員も証人出廷し、元部長への要請などを否定するとみられる。【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正:「村木被告からの指示」否定 元係長証言へ
臓器提供:親族への優先、厚労省が運用指針改正
無料低額宿泊所:厚労省、運営費助成へ 優良施設を選別
耐震化:基準クリアは62% 災害拠点病院など厚労省調査
既往歴:内容で不採用の企業存在 厚労省研究班調査で判明

署の朝礼で告発され、セクハラ警官停職処分(読売新聞)
<恐喝容疑>出版社社員ら8人逮捕、高額本売りつける 岡山(毎日新聞)
<商標>「中原中也」の出願拒否 特許庁(毎日新聞)
東京・江戸川の郵便局強盗 容疑の男逮捕(産経新聞)
【風】禁煙タクシー客離れは杞憂(産経新聞)
posted by ハンザワ ケイジ at 07:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

政府が「検察リーク」否定の答弁書を閣議決定(産経新聞)

 政府は26日の閣議で、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件に関し、「捜査情報等の漏洩(ろうえい)があったとは考えていない。検察当局は従来から捜査上の秘密の保持について格別の配慮を払ってきた」と、東京地検特捜部による報道機関へのリークを否定する政府答弁書を決定した。

 鈴木宗男衆院議員(新党大地)の質問主意書に答えた。

【関連記事】
「リーク」調査報告は捜査終結後 民主・高嶋氏
「リークあり得る」NHK担当者が視聴者に私見
鈴木宗男氏また検察批判「公平ではない」
「リーク記事しか書かないマスコミ」公安委員長が批判
輿石氏、「捜査情報リーク対策チーム」設置は見送らず

遣唐使船 再現し上海万博へ…角川文化振興財団が計画(毎日新聞)
「アングラ」文化の歌手 浅川マキさん急死(産経新聞)
<阪神大震災>神戸で追悼式典 皇太子ご夫妻、首相も出席(毎日新聞)
小沢氏の個人事務所周辺、重々しい雰囲気 「納得できる説明を」(産経新聞)
<自民党>青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)
posted by ハンザワ ケイジ at 01:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

<中津川5人殺害>26日に名古屋高裁で判決 判断に注目(毎日新聞)

 岐阜県中津川市で05年2月、家族5人を殺害し1人にけがをさせたとして、殺人などの罪に問われた同市坂下の元市職員、原平被告(62)に対する控訴審判決が26日、名古屋高裁で言い渡される。1審岐阜地裁判決(09年1月)が無期懲役(求刑・死刑)を言い渡したのに対し、高裁が「5人殺害」という結果の重大性や責任能力の有無についてどう判断するか注目される。【式守克史】

 1審判決は原被告の完全責任能力を認める一方、「精神的に追い込まれての無理心中。一方的な憎悪や利欲的な動機による犯行と比較すると一抹の酌量の余地はある」として死刑を回避。検察、弁護側双方が控訴した。

 控訴審で検察側は「殺害被害者5人という社会を震撼(しんかん)させた世上まれに見る凶悪重大犯罪」と指摘。原被告が母親への憎悪をきっかけに犯行に及び、「残された家族がつらい思いをするから」との理由で他の4人を巻き添えにした点について「身勝手で独善的。酌量の余地はみじんもない」と指摘し、改めて死刑を求めた。

 一方、弁護側は「恨みもない子どもや孫まで殺害する動機は説明がつかない。被告は犯行時、心神耗弱状態だった」として有期懲役刑を主張している。

 原被告に妻と子ども2人を殺害されたうえ、自身も包丁で腹部を刺されて軽傷を負った夫(44)は1審では死刑を望んでいなかったが、控訴審の法廷では「被告に反省が見られない。死刑にしてほしい」と述べた。この遺族の処罰感情の変化が量刑上どう考慮されるかも焦点の一つだ。

 ◇ことば・中津川・家族5人殺害事件

 1審判決によると、原被告は05年2月27日朝、岐阜県中津川市の自宅で母チヨコさん(当時85歳)と長男正さん(同33歳)をネクタイで絞殺。その後、近くに住む長女の藤井こずえさん(同30歳)とこずえさんの長男孝平ちゃん(同2歳)、長女彩菜ちゃん(同生後3週間)を自宅に連れ帰って首を絞めるなどして殺害。こずえさんの夫(44)も呼び出し、包丁で刺して軽傷を負わせた。

【関連ニュース】
殺人:容疑で飲食店店長逮捕 車に火をつけ2人殺害 大阪
裁判員裁判:母親殺害、懲役14年求刑 弁護側「執行猶予判決を」 /宮城
裁判員裁判:仙台の母親殺害 被告、起訴内容認める 量刑が争点に /宮城
郡上の車転落事故:父親を書類送検 心中と判断、殺人容疑で /岐阜
岐阜・男女殺傷:控訴を取り下げ、1審の無期確定 /岐阜

3月18日に新証人尋問…羽賀研二被告控訴審(スポーツ報知)
JR東海、リニア海外展開へ 米国で事業化調査(産経新聞)
25日の小沢民主党幹事長の記者会見要旨(読売新聞)
<ノリ養殖>色落ち深刻、養殖網の一部撤去始まる/栄養塩不足が原因か(毎日新聞)
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満(医療介護CBニュース)
posted by ハンザワ ケイジ at 12:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。