2010年05月27日

<携帯電話>「うちのルール」つくり違反には没収も フィルタリングしっかり(毎日新聞)

 携帯電話のネット利用でトラブルを起こす子どもが後を絶たない。自身の安全管理が未熟なうえに、親や学校に相談せずに深刻化するケースが多いという。トラブルを未然に防ぐため、どんなマナーやルールが必要だろうか。【野島康祐】

 「迷惑メールが送られてきても無視する力をつけよう」「SNS(コミュニティーサイト)やプロフ(自己紹介)サイトで氏名や学校名を絶対に書いちゃだめ。悪いヤツが家までやって来るぞ!」

 川崎市多摩区の市立枡形(ますがた)中学校(前田高幸校長、生徒404人)で今月19日、ネット犯罪から身を守る講習会が開かれた。講師のシステムエンジニア、田島和彦さん(44)は、トラブルに遭遇した子どもたちの「駆け込み寺」として、ネット社会や教育界で知られた存在だ。

 「IPアドレス(ネット上の住所)を元に、発信者の居住地域や使用した携帯電話を特定するのは簡単なんだ。いくらでもツールがある」。あえて専門用語を使い、犯罪に巻き込まれた実例を挙げながら、ネット社会の「闇」をリアルに紹介した。個人情報を書き込んだばかりに、「ネンチャク」(粘着)と呼ばれる、つきまとい行為の被害を受ける子どもが多い−−。生徒たちは一様に、顔をこわばらせていた。

   *

 昨年4月に「有害サイト規制法」が施行され、各携帯電話会社は未成年のユーザーを守る努力を求められることになった。未成年が使う携帯端末の販売時には原則、「フィルタリング」と呼ばれる閲覧制限機能を提供している。しかし、まだ普及は十分ではない。

 日本PTA全国協議会が昨年11〜12月に行ったアンケートによると、携帯電話やPHSを使う子ども(有効回答・小5と中2で計1208人)のうち、フィルタリング機能が「付いている」と答えたのは小5で33・0%、中2で35・9%にとどまった。

 また、「ウェブは使わない」(ネットに入らない)など利用制限のルールを家庭内で設けているか尋ねたところ、「ある」と答えたのは小5で51・8%、中2で34・4%だった。

   *

 警察庁の「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」は06年12月の最終報告で、携帯電話の使用について、家庭で定めるべき七つのルール=別表=をまとめた。深夜の利用をやめさせるなど、親が積極的に働きかけることを求めている。

 研究会のメンバー、藤川大祐・千葉大教授(教育方法学)は「子どもに携帯電話をせがまれてもすぐに買い与えず、まずは親子でよく話し合ってほしい。何のために使うのか、通話やメールをしたい相手は誰と誰で、全部で何人ぐらいか、料金の支払いはどうするか。注意しないと、トラブルに巻き込まれることを伝えてください」と呼びかける。

 藤川教授は今年3月、各種コミュニティーサイトへの投稿7000件を分析した。詳しい個人情報を書かせたり、顔写真を掲載させたり、男女の出会いを誘導するような書き込みもあったという。

 フィルタリングするには、有害サイトを遮断する「ブラックリスト」方式より、子どもに有益で無害のサイトだけにアクセスできる「ホワイトリスト」方式を藤川教授は薦める。「ネット社会は危険がつきまとうことを、子どもに理解させなければいけません。約束を破ったら利用停止にしたり、没収するぐらいしないと、愛するわが子を守ることはできない」と話した。

 ◇親が利用制限できる端末も

 ベネッセは今年2月、添削講座の会員を対象に、携帯電話「ベネッセモバイル・フレオ」(ソフトバンク系)を発売した。親が独自に、曜日ごとの通話時間やメール送受信の許可・不許可を決めることができ、フィルタリングの強弱も設定できる。フィルタリング機能の高さが「国内随一」と評判だという。

 端末代金は不要、基本使用料は月額5950円と割安感がある。同社の担当者は「従来のフィルタリングでは不十分だと考えた。会員の子どもたちを少しでも、ネットのトラブルから守りたい」と話している。

………………………………………………………………………………………………………

 ■携帯電話のルール例(かっこ内はその理由)

<1>自宅内では居間で使う(親の監視の下に使わせる)

<2>食事中や懇談中、深夜には使用しない(けじめを覚えさせる)

<3>一定の金額以上は使わない(経済教育で高額請求を防ぐ)

<4>学校での使用については学校のルールに従う(どこにいてもルールを守る)

<5>他人を傷つけるような使い方をしない(ひぼう中傷させない)

<6>送信者不明のメールや知らない者からのメールが来た場合は速やかに親に報告する(トラブルから守る)

<7>ルール違反や携帯電話の使用によって生活に支障が生じている場合には携帯電話の利用を停止する(違反にはペナルティーが必要)

 ※「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」の最終報告から

【関連ニュース】
児童ポルノ:「ランキングサイト」削除要請 警視庁
銃刀法違反:容疑の警官逮捕 改造拳銃を所持 福岡
携帯電話:「うちのルール」を 違反には利用停止も、フィルタリングしっかりと
PTA全国協調査:ネット利用、家で厳しく
年頭部隊出動訓練:警察官2700人が参加

事業仕分け 第2弾 運転免許講習「独占的」…8事業廃止(毎日新聞)
はるか遠い未来の植物との暮らし、伊勢丹新宿店に(Business Media 誠)
「市場注視し対応を」=円高、株安で菅財務相に指示―鳩山首相(時事通信)
老齢加算廃止、2審も合憲(産経新聞)
ワクチン接種ほぼ完了=一部、反対農家残る―口蹄疫問題(時事通信)
posted by ハンザワ ケイジ at 23:21| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

「景観失格」解消…斜陽館前の架線を地中化(読売新聞)

 青森県五所川原市金木町出身の作家・太宰治の生家「斜陽館」の景観をすっきりさせようと、建物の正面にある架線が、地中などに“移転”されることになった。

 市が今秋にも工事に着手し、12月の東北新幹線新青森駅開業前に整備を終える予定だ。

 計画では、同館前を横切る光ケーブル回線を地中に埋設し、道路を挟んだ向かい側の回線も迂回(うかい)させる。市教委社会教育課によると、来館者の一部からは、「写真撮影のときに架線が邪魔になる。何とかならないか」といった声が寄せられていた。

 このため、市が回線を設置するNTTなど2事業者とも協議。市が移転費用を負担し、同館の景観向上に乗り出すことにした。同館敷地内にあるライトアップ用の支柱2基についても、利用しない時は収納できないか検討しており、総事業費は約870万円を見込んでいる。

 太宰の生誕100年にわいた昨年度、同館には前年度比67・4%増の15万6246人が訪れた。同課では「新幹線の全線開業で、さらに多くの人に来てもらえれば」と、相乗効果を期待している。

山口組系組幹部を逮捕=500万円恐喝容疑−ビル管理男性から・警視庁(時事通信)
子ども手当は1万3000円以上 民主、満額は見送り(産経新聞)
鳩山首相「ルーピーTシャツ」 こちらはバカ売れ、人気衰え知らず(J-CASTニュース)
<掘り出しニュース>明治から続く医院、画廊に 岐阜・池田(毎日新聞)
<退職強要>入社9日で 労働審判申し立て(毎日新聞)
posted by ハンザワ ケイジ at 11:15| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。